読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイホームを賢く売るための施策とは

マイホームを賢く売るための施策・・・

家を売りたいのに権利証が見つからなかったらどうなるの

家を売りたいのに権利証が見つからなかったらどうなるのという質問は意外とよくあるものです。実際のところ、権利書がないと売却、所有権移転することはできませんし、発行元ですらそれらの書類を再発行することはできないのです。そんな八方塞がりの状況を…

手数料は自宅を売却するときに大きな支障

掃除や書類を用意するなど細かな作業は苦にならなくても、売主と仲介業者の媒介契約により、支払わなければいけない手数料は自宅を売却するときに大きな支障となりえます。 法律で仲介手数料の上限は規定されていますが、該当物件の売値によっては100万円を…

家を売る時の第一歩として

納得のいく取引のためにも、家を売る時の第一歩として不動産会社の選択は重要です。 マンションを得意とする業者もあれば、戸建に強いところもあり、あとになって相場より安く売ってしまったことに気づく例もあるのです。パソコンを使えば、ネットに一度に複…

ローン完済前に家を売却する場合

ローン完済前に家を売却する場合は、当然ながら住宅ローンを全額返済してからようやく売却可能な状態になります。ただし残りの債務が払えないで家を処分しなければならないときは、金融機関用語でいう任意売買となります。当該物件の売却で得た金銭は残債返…

所有権移転手続き

上手に買い手が決まり売買契約を交わすと最終的に所有権移転手続きをしますが、物件の住所と売手の現住所が異なる際は、住所変更登記のために、前住所の項目がけい載された住民票のうつしと印鑑証明書が必要です。共同名義の場合は、所有者全員分を揃えて頂…

物件情報とともに個人情報を

不動産査定というと従来は、物件情報とともに個人情報を知らせるのが当然でした。 状況が変わったり、時期も決まっていないうちは、見積り後にしつこい営業がくることを嫌い、査定額が知りたいのに依頼できないケースも多かったでしょう。けれども近年は、完…

住宅の売却に要する経費

住宅の売却に要する経費というと、売却を仲介した会社に払う手数料、物件の抵当権を抹消するのにかかる費用、金額に応じた印紙税がかかります。日常とは比べ物にならないくらい高額なのが不動産取引ですから、法律で定められている仲介手数料でもそれなりの…

正式に家の売買契約を交わす

正式に家の売買契約を交わすとなると、売主が準備すべき書類は複数あります。 不動産の登記済権利書、あるいは登記識別情報のほか、最新の固定資産税を確認するための納税通知書や評価証明書などはどのような物件を売却する際も不可欠です。そのほかにも所有…

オープンハウスの利点

建築済みの新築や中古の一戸建て、マンションの一室などの実物を見ることができるのがオープンハウスの利点です。立地や周辺環境もわかりますから、家を売ろうと思ったらオープンハウスの日を設けて、関心を持ってくれた人たちに見学してもらうというのはい…

オープンハウスの人気は高い

完成済の新築物件や中古住宅、もしくはマンションなどこれから売る予定の住宅のありのままを見学できるオープンハウスの人気は高いです。 通風や採光など住んでみて初めてわかる部分も確認できますから、住宅売却を決めたらオープンハウスを開催し、興味を持…